四国八十八ヶ所を歩く!

ポケモンGOトレーナー遍路が歩く四国八十八ヶ所霊場巡礼の旅

【プロが解説】歩き遍路に最適な靴とは?これがおすすめ!

1200㎞を歩くためにはどんな靴が良いのか?

 

f:id:nobu3072:20210324190816j:plain

遍路に最適な靴とは

歩き遍路には色々なアイテムを用意する必要があります。その中でも最も重要なものは靴です。何しろ1200㎞を歩くのですから足、脚を守るために一番重要です。このページでは遍路のための靴、靴下、インソールなどについてお話ししていきます。

 

ネットで参考になりそうなサイトやブログを見ると「ウォーキングシューズで歩きましょう」とか「山を歩くのでトレキッキングシューズが良い」などと書かれています。本当はどうすれば良いのでしょうか?実際に歩いた人の感想は重要ではありますが、彼らの多くは靴のプロではありません。

 

私は靴の販売、仕入、マネジメントに10年以上仕事で携わってきました。靴に関してはプロを自認しています。他のアイテムはともかく、一番重要な靴に関してはプロの意見は聞いたほうが良いと思います。私ではなくても靴販売店のベテラン販売員やシューフィッターに同じことを聞いてみてください。きっと良いアドバイスがもらえるはずです。

 

さて前置きはさておき、実際どんな靴が良いのか結論を先に書いておきます。

 

  • 軽登山用のハイキングシューズ
  • 長距離用のウォーキングシューズ

 

このどちらかが良いでしょう。

両方に共通する点は、しっかりとしたゴムのアウトソールと防水性です。

アウトソールが柔らかいウォーキングシューズの方がクッション性があって歩きやすいのでは?という疑問を持つ人もいると思います。一般的なウォーキングシューズは街歩き用です。イメージでは距離にして数㎞歩く感じです。お買い物や公園の散歩くらいです。この程度なら柔らかく衝撃を吸収する靴の方が足への負担は少なくて済みます。

一方で長距離を歩く場合は一般的なウォーキングシューズでは足に余計な負担がかかります。足は蹴り出す時に少なからず「く」の字になりますよね?この時アウトソールが柔らかいと足裏が何度も大きく「く」の字に屈曲を続けることになり、足裏を痛める原因になります。また、道路の異物、山道なら岩や木片などがそのまま足裏に感じられてしまいます。そこで、長距離を歩く場合はアウトソールはある程度硬めのものを選ぶ必要が出てきます。硬めのソールであれば「く」の字の角度も小さくなり、またソールが硬いので蹴り出す時にソールが元の形に戻りやすく、足裏への負担を軽減します。こういった硬めのアウトソールは上記の軽登山用のハイキングシューズまたは長距離用のウォーキングシューズが該当します。

山に登り続けるわけではないので、ミッドカットやハイカットの本格的なトレッキングシューズは必要ありません。ローカットの動きやすい靴で良いです。

軽登山用のハイキングシューズは各社で出していますので、靴店や登山道具店で相談してみると良いと思いますが、例えばこんな感じの靴です。

 

【ウォーキング】【ハイキング】 J06037 MERRELL MOAB 2 GORE-TEX BLACK メレル モアブ 2 ゴアテックス ブラック メンズ

価格:13,662円
(2021/4/1 08:38時点)
感想(0件)

 

長距離用のウォーキングシューズはミズノやムーンスターなどで出しているものを多くの人が利用しています。こんな感じの靴です。

 

送料無料 アウトドア ウォーキングシューズ ミズノ MIZUNO メンズ レディース OD100GTX 7 GORE-TEX ゴアテックス 防水 幅広 3E アウトドアシューズ ハイキングシューズ シューズ 靴

価格:11,968円
(2021/4/1 08:37時点)
感想(0件)

遍路道は7割はアスファルト道路だと言います。一般的なウォーキングシューズやスニーカーはソールは軽量なウレタンやEVAというスポンジ製で、底が減ってとても1200㎞は保たないです。そういう意味でもアウトソールがしっかりした合成ゴム製の靴は重要になります。しっかりしたアウトソールは重いというイメージがあるかもしれませんが、長距離を歩く場合はある程度の重さが歩くときの振り子のような役割をします。これが足の疲れを軽減するメリットもあります。

また、雨の日もあると思いますが、こういった靴には防水性が備わっています。ゴアテックス、またはそれに準じる素材が使われていますので、安心です。

なお、私が推薦するこういった靴はデザイン性はやや乏しく、もっと明るくてかっこいい靴をどうしても履きたいという場合は、長距離用のランニングシューズが良いでしょう。あくまで長距離用です(マラソンランナーが使うようなもの)。人間は走って着地する瞬間、体重の数倍の力が踵にかかります。なので長距離用のランニングシューズの場合は軽量ながら踵部分はかなり硬めになっているものが多く、また踵が靴の中でブレないよう踵を固定するようなインソールを使っています。ただし防水性はないものがほとんどで(雨の日にランニングする人はいないから)、足全体を保護する力はやや劣ると思われますし、靴底の減りも早いでしょう。なので強く推薦はしませんが、一般的なウォーキングシューズやスニーカーよりは良いです。靴販売店ではどれが長距離用のランニングシューズかわからないと思うので店員に聞いてみてください。

 

インソール

 

次にインソールの話です。上記の靴を買って何度か試し履きして特に問題を感じなければそのままのインソールで良いと思いますが、少し疲れる感じがある、元々足には不安がある、という方は反発力とクッション性があるインソールに代えた方が良いでしょう。有名なものだとソルボ。こんな感じの商品です。

 

ソルボ インソール ウォーキング スポーツ 中敷き 衝撃吸収 メンズ レディース 送料無料

価格:1,680円
(2021/4/1 08:35時点)
感想(712件)

 

ソルボのインソールに代えて、試し履きをしてみてください。衝撃吸収と反発力があるので足裏への負担は軽減されるはずです。他メーカーの同様のインソールでも良いですが、人間の足裏は人それぞれで、例えば土踏まずの部分の位置が微妙に違う人、いわゆる扁平足の人など、ばらばらです。各社で販売しているインソールは一般的な足裏の形状に合わせて作っているので、中には合わない場合もあります。値段が高いインソールだから必ずしも良いというものでもありません。合わない、違和感があると感じたら別のものに代えてみましょう。

 

↓これも評判良いようです。 

 

靴下

 

靴下は足を守るために厚めのものが良く、またしっかりと蹴り出す力とマメ、水膨れなどのトラブルを防止するため、5本指靴下を推奨します。

【送料無料】メンズ ソックス 5本指 靴下 4足セット walking plus ウォーキングプラス 92841

価格:1,840円
(2021/4/1 08:32時点)
感想(0件)

そのため、場合にもよりますが靴は普段より0.5〜1.0㎝大きめのものを選んだ方が良い場合もあります。靴はネットで買っても良いですが、必ず実店舗で試し履きしてからの方が良いです。いつもより大きいサイズも含めて試し履きしましょう。

 

靴の履き方

 

靴を履く時は一旦紐を解き、足を入れたら、踵を床にトントンとして踵部分を固定してからしっかりと紐を結びます。踵部分はしっかりと靴と密着、つま先部分は余裕がある状態になります。長く歩いたり、山登りをする時は時々同じことをして紐を結び直してください。つま先が靴の先に当たるようでは最悪です。必ず踵をしっかりと固定する意識を持ってください。

また、休憩時は可能なら靴を脱ぎ、足を解放してあげてください。足の疲れを軽減し、蒸れも防止します。

 

最後に

 

歩き遍路をするのにまだ心配がある人は上記以外に膝サポーターも用意すると良いかもしれません。特に膝に不安がある方はサポーターがあるとサポーターが筋肉の役割をし、かなり楽になるそうです(私は使ったことないですが)。

 

お遍路さんにとって靴は最重要なアイテムだと思います。お遍路さんではなくても、長距離歩くことが多い人にも参考になれば幸いです。例えばポケモンGOのトレーナーなど位置情報ゲームをする人や日常的に10㎞、20㎞といった長距離ウォーキングをする日本ウォーキング協会の会員の方など足の悩みはきっと多いはずです。

歩き遍路をする方は当然のことですが、履いていく予定の靴で家の近所を数㎞は何度か歩いて履き慣らしてください。いきなり長距離を下ろしたての靴で歩くと慣れずにマメや水膨れができるなどトラブルが起きる可能性が高くなります。

 

シリオ SIRIO P.F.116-2 ブラック 116-2【送料無料】登山 アウトドア 登山靴 シューズ ハイキング

価格:16,280円
(2021/4/1 08:30時点)
感想(1件)

 

ちなみに私はこの靴を履いて行こうと思っています。Sirioの軽登山用のハイキングシューズです。日本人向けの幅広なので私の足に合い、アウトソールはしっかりしている割には軽めで防水性もあります。現実にこれで大丈夫だったのかどうか、結願後に検証したいと思っています。

 

 

★新版★第12版★四国遍路ひとり歩き同行二人地図編★新版★第9版解説編のセットです。

価格:3,795円
(2021/4/1 08:43時点)
感想(13件)