四国八十八ヶ所を歩く!

ポケモンGOトレーナー遍路が歩く四国八十八ヶ所霊場巡礼の旅

【歩き遍路検証3】どんな遍路用品が必要だったのか?

 実際に持って行った方が良いと思えたお遍路用品の検証

 

f:id:nobu3072:20210418143741j:plain

 

歩き通し打ちの際に必要であった遍路用品は何だったのかを検証してみたいと思います。私が購入した遍路用品は下記の過去ブログを参照してください。

 

shikoku88.hatenablog.jp

 

過去ブログにも書きましたが、遍路として絶対に必要なものというのはありません。ただ札所に行って、お参りするだけなら特に必要はないです。これは実際に私が88の札所を巡拝し、色んなお遍路さんを見てきた結果の話です。

 

それでも色んなホームページやブログで「これとこれは必需品」みたいなことが沢山書かれていて、その必需品も微妙に違います。それは「お遍路とはこうあるべきだ」という主観が入っているからです。

 

ここでは遍路に必要なものは何もない、という前提で、それでも「遍路らしいことをしたい」「遍路の格好をしてみたい」というレベルの人向け(つまり私のような人)に実際に何が必要であったのかを書いておこうと思います。

まず、遍路用品の詳しい説明は公式ページにありますので、読んで見てください。

88shikokuhenro.jp

 

どこで買う?

上リンクの一般的な遍路用品の中で私が持って行ったのは下記のようなものです。なお、どこでこれらのものを買うか、というのも一つ考えどころだと思います。他のブログなどを見ていると「1番札所の霊山寺で買った」という人が結構います。確かに霊山寺では多くの遍路用品が売っていますし、1番から巡拝するのに便利な上にアドバイスも的確ではありますが、霊山寺は値段が高いです。なので、車の方は事前にネットで購入して行くことをおすすめします。その方が安いです。霊山寺以外の札所や遍路道沿いの一般の遍路用品店でも売っていますので、必要だと思ったら途中で買い足すこともできます。徒歩の方もネット購入が安く済むと思いますが、実際に見て決めたいというのであれば、下記のようなお店に行って購入してからお遍路を始めると良いと思います。

 

www.ohenro.com

www.sumotoriya.com

 

私が持って行った遍路用品

 

  • 納め札
  • ボールペン
  • 納経帳
  • 白衣
  • 菅笠
  • 金剛杖
  • さんや袋
  • 輪袈裟
  • 経本
  • 御影帳
  • 賽銭用小銭
  • 数珠
  • ロウソク
  • 線香

 色が薄くなっているものは当初買う予定でしたがやめたものです。

 

 納め札

納め札は徒歩でも車でもお遍路さんのほぼ全員が持っていたと思います。任意で住所、名前、願い事などを書いて札所にある納札入れに入れます。これを書くためにボールペンは必須。また、納め札はお接待を受けた際に渡すこともあります。納め札の色は4回目までは白です。

納め札(白) 1~4回目の巡拝用

価格:110円
(2021/6/14 13:12時点)
感想(90件)

 

納経帳

これもお遍路さんはほぼ全員持っていたと思います。納経帳を持っていない人は掛軸を持っていましたが、まず初めて遍路をする人は納経帳は持っていた方が良いです。納経帳とは四国八十八ヶ所専用の御朱印帳のことです。各札所の納経所で納経料金300円を払い、御朱印をいただきます。一生の記念になります。なお、納経帳にはサイズが大きいもの、小さいものがあります。どちらかお好きな方を選びましょう。

四国八十八ヶ所 納経帳 線描画入り お遍路用品 お遍路グッズ

価格:2,380円
(2021/6/14 13:14時点)
感想(8件)

 

白衣

お遍路らしい格好をするためには、白衣、菅笠、金剛杖、輪袈裟などを身につけると誰が見てもお遍路という格好になります。中でも白衣を着ている人は多かったです。徒歩でも車でも白衣は多かったですね。でも全員ということもないです。普段着でも全然問題ないです。買うのであれば冬なら袖あり、夏なら袖なしが良いです。

お遍路 白衣 袖無し 南無大師遍照金剛 背文字入り お遍路グッズ お遍路用品

価格:2,000円
(2021/6/14 13:16時点)
感想(4件)

菅笠

菅笠はマイカーやバスツアーの場合は被っていない人が多いと思います。やはり邪魔になりますし、雨や日光を避けるという意味では車だと意味がないですからね。徒歩の人は菅笠被っている人が多いです。 実際に実用的でもあるので、徒歩の人は買った方が良いと思います。菅笠カバーが付いているものを買うと雨の日には簡易傘にもなります。なお、菅笠はサイズが大小ありますが、リュックを背負う場合、大だとデメリットは菅笠がリュックにぶつかることが多くなり、歩きにくいことです。大のメリットは日光や雨を防ぎやすくなることです。よく考えた上決めましょう。私は歩きやすさを重視して小にしました。

【お遍路用品】防水カバー付きへんろ笠(菅笠)<文字入り>お遍路用竹笠【四国遍路】【巡礼用品】【巡拝用品】【参拝用品】

価格:2,750円
(2021/6/14 13:18時点)
感想(1件)

 金剛杖

白衣、菅笠、金剛杖の3点セットを持っていると誰がどう見てもお遍路になります。街中で声を掛けられることが多くなり、お接待も多くなります。自分はお遍路をしているという自覚が出てきますね。ちなみに金剛杖は木ですので、使っている内に削れて段々と短くなります。結願する頃には10〜20cm短くなると思いますので、最初の内、「ちょっと長い」と思っても徐々に丁度よくなります。

四万十ひのき金剛杖(こんごうづえ)般若心経入【この商品は北海道・沖縄へのお届けは致しかねます】<面取り研磨加工済み仕上げ>[お遍路グッズ][お遍路用品]

価格:3,850円
(2021/6/14 13:19時点)
感想(1件)

  さんや袋

別名頭陀袋とも言います。納経帳など細々としたものをいちいち背負っているリュックから出すのは面倒です。これを持って入ればすぐに出すことができます。さんや袋の中は機能的にポケットや仕切りで分割されており、使いやすいです。注意点は納経帳が入るサイズのものを買うことです。さんや袋より納経帳が大きいとどうにもなりませんので、特に実物を見ていないネット購入時はサイズを良く確認してください。

ちなみに私はさんや袋は便利で、毎日使っていました。スマホの充電池、納経帳、納め札、ボールペンなどを仕舞っていました。絶対必要なものではないですが、あると実用的で便利なので、特に徒歩遍路の方にはお勧めします。

さんや袋 ナイロン防水 お遍路用品 お遍路グッズ

価格:2,050円
(2021/6/14 13:21時点)
感想(8件)

輪袈裟

輪袈裟は使っている人、使っていない人半々くらいのイメージですかね。車の人は菅笠や金剛杖を使わない代わりに輪袈裟率は高めのような気がします。私はリュックを背負うこともあって、肩や首回りが暑くなってしまうのではないかと思い、結局買いませんでしたが、今にして思えば買っても良かったかなと思います。

お遍路用輪袈裟 正絹風 紫

価格:1,980円
(2021/6/14 13:22時点)
感想(0件)

経本

これは持っている人、持っていない人に分かれますね。本堂や大師堂での参拝方法によります。経本にある全てのお経を唱える人、もしくは般若心経だけ唱える人はお経を暗記しているのでない限り、持っていた方が良いです。 以前のブログにも書きましたが、参拝方法は人によって違います。正式なやり方はあれど、要は気持ちの問題であり、参拝方法はある意味個人の自由が効く部分でもあると思います。私は「南無大師遍照金剛」を3回唱えるか、般若心経を唱えましたが、般若心経は暗記しているので、経本は不要と考え、購入しませんでした。

経本 奉納四国八十八ヶ所 お遍路用品 お遍路グッズ

価格:750円
(2021/6/14 13:23時点)
感想(7件)

 御影帳

納経の際にいただける御影(おみえ、おすがた)をまとめる帳面ですが、これは重くなるので、徒歩遍路はわざわざ持っていかなくても良いと思います。車の人は先に購入して、いただいたらすぐに貼っておくと良いでしょう。徒歩遍路は結願後にネットでも買えますので、考えるのは後で良いでしょう。

四国八十八ヶ所 御影帳 縦長 御影札保存帳 お遍路用品 お遍路グッズ

価格:2,850円
(2021/6/14 13:24時点)
感想(17件)

↓私は結願後にネットで購入し、こんなふうに保存しています。

f:id:nobu3072:20210615170444j:plain

賽銭用小銭

これはある程度持って行った方が良いと思いますが、大量に持って行くと重い上に、そもそも銀行で両替すると手数料がかかりますので、小銭を少し貯めておくと良いです。後は遍路道中にも小銭を少し貯めておくクセを付けておくと困りません。

 

数珠

数珠は最初の内は使いましたが、途中から使わなくなってしまいました。参拝している人を見ていると使用率は半々くらいでしょうか。宿坊でのお勤めの時も使ったりします。参拝時の作法は決められた方法があるにしろ、簡略化は進んでいます。ある程度参拝する人の判断でどうするか決めて良いのではないでしょうか。

四国八十八ヶ所参り用本連数珠・利休梵天房・尺2<天然木素材>紫檀(したん)[お遍路グッズ][お遍路用品]

価格:4,042円
(2021/6/14 13:25時点)
感想(11件)

ロウソク

ロウソクも参拝方法によります。正式には使うものですが、実際には使わない人もかなり多いです。私は省略しましたが、正式な作法でやってみたい人はどうぞ。 

巡拝ローソク 定型外郵便発送可!定形外郵便 350円/1点(補償なし:複数個ご購入の場合は重量に応じた送料となります) 四国八十八ヶ所参りには3箱必要です。4点迄 レターパックライト370円

価格:286円
(2021/6/14 13:26時点)
感想(0件)

線香

線香もロウソク同様です。私は省略しました。ただ、ロウソクを使う人は必ず線香も使っていましたね。どっちかという人は記憶にないです。

白檀の香り 巡拝用線香 お遍路用品 お遍路グッズ

価格:510円
(2021/6/14 12:38時点)
感想(3件)

色々選ぶのが面倒くさい。とにかく一式セットが欲しいという人はセット売りもあるので、内容をご確認の上、購入を。

 

【白衣袖なし】【金剛杖も送料無料】いざ、お遍路! 巡拝用品お遍路グッズ入門11点セットお遍路参りでは重要な品である金剛杖が入っています。四国遍路、四国八十八ヶ所霊場のお遍路用品(巡礼・巡拝・参拝)のセットです

価格:13,310円
(2021/6/14 13:28時点)
感想(0件)

 その他の必須用品

上記以外で歩き遍路のほぼ全員が持っていたものがあります。下記の地図です。この黄色い本は驚くことに持っていない人は私くらいでした。つまりほぼ全員持っていますので必須アイテムですね。詳しい遍路道が記載されているマップです。遍路道や休憩所、遍路宿などの情報が豊富で確かにこれがあれば便利だなと思います。

ただ、これらの情報はほぼネットで得られます。私にはそれで充分でしたし、それでちゃんと結願できました。ネットでの情報探索能力が低いと自覚している人、もしくはスマホが苦手、面倒と思っている人は逆にこの地図は必須だと思います。ほぼ全員持っているので、他のお遍路さんと話す時でも情報を共有しやすいメリットもあります。デメリットは本なので重いということですかね。電子書籍化されていれば私も買いましたが。全ページをスキャンしてpdf化して保存しておくのも手かもしれません。

なお、この本はいくつかの札所や遍路用品でも販売していますが、価格は同じです。もし歩き遍路をするのであれば事前にネットで購入し、予定を立ててみるのも面白いかと思います。

 

最新12版四国遍路ひとり歩き同行二人【地図編】へんろみち保存協力会発行☆最新版をお届け致します(歩き遍路のお遍路さんの巡礼・巡拝・参拝のお供に)[お遍路グッズ][お遍路用品]

価格:2,750円
(2021/6/14 13:29時点)
感想(36件)

地図だけでなく解説編も一緒に購入を検討している人は下記。 

★新版★第12版★四国遍路ひとり歩き同行二人地図編★新版★第9版解説編のセットです。

価格:3,795円
(2021/6/14 13:30時点)
感想(13件)

 お遍路に何を持って行くかというのは最終的には個人の判断です。車と徒歩でも持っていく遍路用品は変わってきます。自分に合った遍路用品は自分で決めることです。完璧にするか簡略化するか。どこまで簡略化するか。私のこのブログだけでなく、ネットで色々情報を見ながら決めましょう。

 

何かありましたらご連絡ください。

NOBU (@nobuting) | Twitter